絶対に気を付けたい性病

性病のほとんどは痛みが無い

コンドームするの面倒だから生でいいや…、なんか痒いけどほっとこう…
こんな経験したことありませんか?それはもしかしたら性病のサインかもしれません。
性病の多くは自覚症状がほとんどなく、痛みも無い場合も多いので
性病に気付かずにいる人も少なくありません。
でも症状が軽いからといって性病にかかっている状態で
セックスをしてしまうと取り返しのつかない事態に陥ってしまうかもしれません。
性病に感染している性器は免疫力が弱っている状態です。

latest1

そもそも男女ともに性器には雑菌やウイルスが多く反映しています。
セックスの際の指の挿入やピストン運動による摩擦で炎症が悪化して
悪性の腫瘍が発生してしまう事もあります。
少しの刺激で治りにくい病気を引き起こしてしまうという事なのです。
また性病は他臓器にも影響を与えてしまいます。
性病の症状がかゆみ程度ならば、まだ間に合います。
早い内に治療することが自分の為、相手の為になるのです。
そして女性の場合に多いのですが普段は性器が痒いのに
生理中には痒みが治まるという人がいます。
これは痒みの原因になっている菌やウイルスが生理の際に
経穴として一緒に体外に排出されている事が原因となっています。
なので生理が終わればまた痒みが出てくるはずです。
少しでも痒みや違和感を感じたら自己判断はせずに
ちゃんとした医療機関に相談するようにしましょう。