デリヘルの写真と女の子の雰囲気が違う理由

写真の雰囲気と違う

デリヘルを使ったときに、指名をした女の子が写真の雰囲気とは違ったということはないでしょうか。
実際、めちゃくちゃきれいな子、かわいい子と思って指名してみたら
実際にやってきた女の子の雰囲気が違うということもあるかもしれません。
では、それはいったいどうしてなのかということに加えて、どうしたらよいのかということについて考えてみましょう。

different1

どうして雰囲気が違うのか

デリヘルの写真の女の子の雰囲気がどうして異なるのかということについてです。
まず、カメラマンの写真撮影の技術が大幅にアップしていることが理由のひとつして考えられます。
デリヘルの女の子の写真というのは、その女の子が持っているものを最大限に引き出すように撮影されています。
たとえば、光の使い方であったり、アングルであったりと、デリヘル嬢を一番良く見せることができるように撮影されているのです。
写真を見ると、とても真っ白できれいな肌で撮影されている女の子もいると思いますが、それこそが写真の技術なのです。
ですから、写真はその子の持っているマックスのものが引き出されたものだと思ってもかまわないでしょう。
ですから、そのギャップが大きければ、雰囲気が異なるということになるわけです。

もしも違うと思ったら

デリヘル嬢を指名したときに、自分が思っている雰囲気と違っているという場合にはどうしたらよいのでしょうか。
実際にはどこのお店の写真も同じような技術が使われていますから、過度の期待は禁物というところもあります。
とはいえ、さすがに大幅に変えてしまうとクレームも出てしまうので
たくさんいじっているというお店は少ないです。
お店側としては、少しでも女の子をきれいに見せることによって、指名につなげたいという思いがあります。
そのために写真をきれいにしているわけで、雰囲気が違うと思ってしまうことはある意味では仕方のないことなのです。

different2

この子ではないと思ったら、思い切ってチェンジを使ってしまっても良いでしょう。
これは文字通り女の子を交換してもらえるシステムです。
男性側からしたら便利なシステムなのですが、大体の男性は使わずに終えてしまうとも言われています。
やはり、風俗を利用するときは、来てくれたのに申し訳ないという気持ちが働くことが多いからですが
最大限にデリヘルを楽しみたい、損をしたという気持ちになりたくないというのならば
チェンジ機能は積極的に使うようにしたいところです。